April 28, 2017

Totachina (Uguisuna?) and Wakegi/とうたち菜(うぐいす菜?)と、わけぎ

The other day, my father collected some greens from one of his fields. He says that these greens, which grow in the spring from the nozawana stubs left in the field after the greens are cut off in the fall to make nozawana zuke (pickle), are called uguisu-na (lit. Japanese bush warbler + greens)
先日、父が畑から菜っ葉を少し採ってきました。父によると、このような菜っ葉(秋に野沢菜漬けを作るために切った後に畑に残った切り株から春に育つ菜っ葉)を「うぐいす菜」と言うそうです。
They may be so called in the area of Nagano prefecture where he was born, but I googled to find that they are usually called totachina. I also learned that the term uguisuna has several meanings, such as a traditional vegetable of Kyoto and the young, small greens of rape, komatsuna, or other plant (collected in the spring).
父が生まれた長野県の地域ではそう呼ぶのかも知れませんが、ググると、通常は「とうたち菜」ということが分かりました。 また、うぐいす菜には、京の伝統野菜や(春に採れる)アブラナや小松菜の若く小さい菜っ葉など、幾つか意味があることも分かりました。

I simply boiled them and served as ohitashi. My father said they were too tough for him to chew (I had no difficulty chewing them).
ただ茹でて、おひたしとして出しましたが、父は硬くて噛めないそうです(私自身は問題なく噛めましたが)。

So, the next time, I put the totachina in miso soup
というわけで、今度は、とうたち菜を味噌汁に入れました。
together with koya dofu (freeze dried tofu)
高野豆腐と

and dried enoki
干しえのきも入れました。
After I put some miso, I finally added some dried wakame.
味噌を入れてから、最後に干しわかめを入れました。


 
Here are the wakegi I picked up from the yard of the house.
家の庭から採ってきた「わけぎ」です。
Still very small.
まだとても小さいです。
 
As requested by my father, I chopped them and mixed with natto.
父のリクエストで、刻んで、納豆と合わせました。 
 
My father collected more totachina (or uguisuna according to my father) from the field.
父が畑から「とうたち菜」(父によれば「うぐいす菜」)を採ってきました。
This time, I served the upper part of the greens as ohitashi.
今回は、上の部分をおひたしとして出しました。
My father said he could chew them.
父は噛めると言ってました。

I stored the rest of the greens in the freezer for later use.
残りは後で使えるよう冷凍庫にしまいました。



April 26, 2017

Yomogi Tempura and Yomogi-Onion-Carrot-Small Shrimp Kakiage/よもぎ天ぷらと、よもぎ、玉ねぎ、にんじん、小えびのかき揚げ

This is the very first time that I have made tempura at my parents' house since I came here last November. I have wanted to serve yomogi tempura to my parents to tell them how tasty it is, but I have refrained from making tempura until today simply because tempura making takes time (30-40 minutes or longer). In the meantime, yomogi by the road have grown tall day by day.
去年の11月に実家に来てから天ぷらを実家で作るのは、これが初めてです。よもぎ天ぷらを両親に出してその美味しさを教えたかったのですが、天ぷら作りは時間がかかる(30~40分、またはそれ以上)ので、今日まで天ぷら作りは控えていました。その間、道のわきのよもぎは毎日大きくなってきました。

In a mixing bowl, I put some of the yomogi, added some hakurikoko (cake flour) and water. I left out an egg. I aimed for very lightly coated tempura.
ボールによもぎを少し入れ、薄力粉と水を加えました。卵は省略。とても薄い衣の天ぷらを狙いました。


I chopped the rest of the yomogi, put it in the mixing bowl, added thinly sliced onion and carrot and dried shrimp.
残りのよもぎは刻んで、ボールに入れ、薄切りした玉ねぎとにんじん、そして干しえびを加えました。
Then I added one egg, some cake flour, and some water. I adjusted the texture by adding some more water. I aimed for crisp but heavily coated kakiage.
次に卵を入れ、薄力粉と水を少し加えました。水をもう少し足して、硬さを調整しました。サクッとした、でも衣の厚いかき揚げを狙いました。


You would be surprised to see that such a small amount of tempura batter results in this amount of kakiage.
こんな少ない量の天ぷらの衣がこんな量のかき揚げになるので、驚くかもしれません。
I grated some daikon.
大根を少しおろしました。
My father made home-made soba, using freshly ground buckwheat. Boiling it is my job.
父は、挽き立てのそばで、自家製そばを作りました。茹でるのは私の仕事。
Thick as udon noodles! My father says he failed for two reasons: the buckwheat was too dry and my father has difficulty kneading the dough for twenty minutes.
うどんのような太さです!父が言うには、失敗した原因は2つで、一つはそばが乾き過ぎていたことと、もう一つは父は20分もそばを揉むことがなかなかできないということです。
Anyway, the home-made soba was tasty enough.
ともかく、自家製のそばは十分美味しかったです。

Boiled Bamboo Shoots/茹で筍(たけのこ、タケノコ)

Chiba prefecture is famous for its bamboo shoots. Yesterday, my parents were given these boiled bamboo shoots from a neighbor. I'm not quite sure what variety they are. Moso-chiki or ma-dake?
千葉県は筍で有名です。昨日、両親は近所の方から茹で筍を頂きました。品種ははっきり分かりません。孟宗竹、真竹? 
  
Anyway, the last time my parents received such boiled bamboo shoots, I made wakatake-ni, a nimono (simmered dish) containing bamboo shoots and wakame seaweed. My father didn't like it and suggested that I simmer them with katsuobushi.
ともかく、前に両親がこのような茹で筍をもらった時は、私は若竹煮(筍と若布(わかめ)を使った煮物)を作りましたが、父の口には合わず、鰹節と煮たらどうかと言われました。

So, as requested by my father, I simmered the bamboo shoots with 4 packs (3 x 4 = 12 g) of katsuobushi in a pot of 400 ml water, 1 tsp instant dashi, 100 ml soy sauce, and 50 ml mirin (dashi, soy sauce, and mirin ratio of 4:1:0.5, instead of 4:1:1) for just a minute or two.
というわけで、父のリクエストに従い、この筍を鰹節4パック(3 x 4 = 12 g)と、水400 ml、出汁の素小さじ1、しょう油100 ml、みりん50 ml(出汁、しょう油、みりの割合は4:1:0.5(4:1:1ではなく))を入れた鍋で、1、2分煮ました。


My father (88) still likes such heavily seasoned simmered dishes. I would prefer lightly seasoned wakatake-ni, with dashi and  small amounts of soy sauce and mirin.
父(88歳)は今でもこのような濃い味付けの煮物が好きです。私としては出汁と少量のしょう油とみりんを使って、薄い味付けの若竹煮のほうがいいです。

April 23, 2017

Frozen Eggplants and Frozen Cucumbers/冷凍なすと冷凍きゅうり

On April 17, the weeping cherry tree in the yard of my parents' house was in full bloom.
4/17、実家の庭のしだれ桜(ざくら)は、満開になりました。

I have been given an assignment by my mother: Do something about the frozen eggplants and frozen cucumbers, which have been sitting in the freezer for months (years?)
母から課題を与えられました。冷凍庫に何か月(何年?)も置いてある冷凍なすと冷凍きゅうりをどうにかすることです。

First, I thawed some of them and tasted them. They were quite salty, so I soaked them in water to remove salt,
まず、一部を解凍して味見すると、かなり塩辛かったので、水に漬けて、塩分を抜きました。
and finely chopped them.
そして細かく刻みました。

I put them in a frying pan, heated them to evaporate moisture, and added white sesame seeds, katsuobushi, and mentsuyu (noodle soup) concentrate. Not yet tasty enough...。
I later added soy sauce, sugar, and vinegar. I thought that the vinegar boosted up the flavor.
フライパンに入れ、加熱し水分を飛ばし、白ごま、鰹節、濃縮タイプの麺つゆを加えました。まだ美味しくならない...。
後でしょう油、砂糖、お酢を入れました。お酢で味が良くなったと思います。

I served the final product to my parents, who said it was very delicious.
最終的に出来上がった物を両親に出しました。とても美味しいと言ってくれました。
Sorry, a photo of the leftovers.
すみませんが、残りの写真です。

I will make a similar pickle again. I still have lots of frozen eggplants and cucumbers left in the freezer.
似たような漬物をまた作るつもりです。まだ冷凍庫に冷凍なすときゅうりがいっぱいあるので。


Edited to add photos and descriptions:
写真と説明を追加:

Ingredients:
4 frozen eggplants
4 frozen cucumbers
20 g katsuobushi
Generous amount of white sesame seeds
50 ml soy sauce
1 tbsp sugar
1 tsp instant dashi
30 ml vinegar
材料:
冷凍なす 4本
冷凍きゅうり 4本
鰹節 20 g
白ごま たっぷり
しょう油 50 ml
砂糖 大さじ1
出汁の素 小さじ1
お酢 30 ml

Directions:
1. In a frying pan, put katsuobushi and sesame seeds, turn on the gas to low and heat them for 1 min. or so.
1. フライパンに鰹節とごまを入れ、火を付け弱火にして、1分程度加熱する。
2. Squeeze frozen eggplants and cucumbers, chop them, and squeeze them again.
2. 冷凍なす、きゅうりを絞り、刻んで、再度絞る。
3. Add them to the pan. Heat for 4-5 min. to evaporate excess moisture.
3. フライパンに入れる。4~5分加熱し、余分な水分を飛ばす。
4. Add the seasonings except the vinegar.
4. お酢以外の調味料を入れる。
5. Taste to see it is seasoned sufficiently. Add more seasonings if necessary.
6. Add vinegar. Taste again.
5. 味見して、味付けが十分か確かめる。必要に応じて、調味料を足す。
6. お酢を入れる。再度味見する。
7. Let it cool, and transfer to a container.
7. 冷まして、容器に移す。
I hope my parents like it.
両親が気に入ってくれるといいのですが。

Hoshi Nasu (Dried Eggplants)/干しなす

Last December, my father made a large amount of kiriboshi daikon.
去年の12月、父は切干大根を大量に作りました。
Last summer, he also made a large amount of dried eggplants.
去年の夏は、干しなすも大量に作りました。
Now it's my job to consume all of the dried eggplants. This morning, I made some nasu miso, using miso and mirin as seasonings.
この干しなしを使うのは私の仕事です。今朝は、調味料として味噌とみりんを使って、なす味噌を作りました。
My father calls this dish "nasu no abura miso" or simply "abura miso".
父はこの料理を「なすの油味噌」または単に「油味噌」と呼んでいます。

My wife's nasu miso contains either ginger or ao jiso (green perilla).
妻のなす味噌には生姜か青紫蘇(あおじそ)が入っています。

Making Warabi Mochi for My Father/父に蕨もちを作る

The other day, my father surprised me again by saying he liked warabi mochi. He said it was transparent, and I understood he liked fake warabi mochi not the real one, which is grayish.
So, today, I made some fake warabi mochi using
6 tbsp katakuriko (potato starch)
2 tbsp sugar (the recipe calls for 4 tbsp)
300 ml water
先日、父は蕨もちが好きだと言って、また驚かせてくれました。透明な蕨もちだそうです。それで本当の蕨もち(灰色っぽい)ではなく、偽物の蕨もちが好きだということが分かりました。
というわけで、今日、偽物の蕨もちを作りました。
片栗粉 大さじ6
砂糖 大さじ2(レシピでは大さじ4)
水 300 ml

In a container, I mixed kinako (roasted soybean flour) and sugar at a ratio of 2:1 and added a pinch of salt.
容器にきな粉と砂糖を2:1の割合で混ぜ、塩を一つまみ入れました。
A common kinako to sugar ratio is 1:1.
きな粉と砂糖の一般的な割合は1:1です。

Warabi mochi:
蕨もち:
Both my parents liked it very much.
両親とも気に入ってくれました。

I skipped kuromitsu (black sugar syrup) because there was no black sugar in the house.
家には黒砂糖がなかったので、黒蜜は省略しました。

For more info about warabi mochi, search through my blog.
蕨もちに関しては、このブログで検索してください。