May 18, 2018

Age of Instagram/インスタグラムの時代

Now I spend more time on Instagram than here. I feel more comfortable there because it allows me to make casual posts.
I'm h_312_312 on Instagram.
今では、ここよりインスタグラムで時間を過ごすことが多いです。気軽な投稿ができるので、心地よいです。
インスタグラムでは、h_312_312です。
https://www.instagram.com/h_312_312/
 

April 28, 2018

Making Ponzu from Amanatsu/甘夏からポン酢を作る

I have already explained how to make ponzu from citrus fruit somewhere on my blog. Here is how to deal with soiled pieces.
かんきつ類からポン酢を作る方法はすでにこのブログのどこかで説明しましたが、ここでは、汚れた果物の処理の仕方を説明します。
 
1. Rub soiled pieces under running water and soak them in water for some time. Rub again.
1. 汚れた果物を流水で擦り、しばらく水に漬けておきます。再度、擦ります。 
Still very soiled.
まだとても汚れています。 
2. Peel the rind.
2. 皮を剥きます。 
3. Cut in half.
3. 半分に切ります。 
4. Squeeze.
4. 絞ります。 
You'll learn that your hand is the best tool for this job.
この作業には自分の手が一番いいと分かると思います。 
5. Separate the juice from the seeds.
5. 果汁と種を分けます。 
My father and I drank the juice in the glasses. Sour and very refreshing!
コップに入った果汁は父と私で飲みました。酸っぱくて、とても爽快です!

6. Combine juice, dashi (for me, water + instant dashi), and soy sauce at your desired ratio (for me, 1:1:1). Add some dried bonito shavings (katsuobushi) and kombu (I simply left them out).
6. 果汁、出汁(私の場合は、水+出汁の素)、しょう油を好みの割合(私の場合、1:1:1)で合わせます。鰹節と昆布を少し入れます(私は省きました)。  
7. Store in the fridge.
7. 冷蔵庫に保存します。
 
There are still lots of pieces left in one container.
一つの入れ物にはまだたくさん残っています。
We still have a lot more in the other container...
もう一つの入れ物にはもっとたくさん残っています...。

April 27, 2018

Posting Photos on Instagram from a PC/パソコンからインスタグラムに写真を投稿する

I have succeeded in posting photos on Instagram from my PC by following the instructions on
 
パソコンからインスタグラムに写真を投稿することに成功しました。下記のサイトにある方法に従いました:
 
I'm h_312_312 on Instagram.
I have no intention to post instagrammable photos.
 
インスタではh_312_312です。
インスタ映えする写真を投稿する気はありません。
 
 

April 22, 2018

More Meals Offered in the School Canteen at My Daughter's University/娘の大学の学生食堂で出される他の食事

1. Mentaiko (spicy cod roe) cream spaghetti
1. めんたいこクリームスパゲティ
2. Shoyu (soy sauce) ramen
2. しょう油ラーメン 
280 yen. Quite reasonable.
280円。かなりリーズナブルです。
 
3. Curry and rice
3. カレーライス 
280 yen. Quite reasonable, too.
280円。これもかなりリーズナブルです。
 
You can have as much fukujin zuke (red pickle on the right) as you want.
福神漬け(右側の赤い漬物)は好きなだけ食べれます。
 
I remember that when I was a university student, I often had curry and rice, which was 170 yen. I sometimes had katsudon (330 yen), which tasted so good, and had nigiri zushi (< sushi) (480 yen) once in a while.
私が大学生だった頃は、よくカレーライス(170円)を食べ、時々カツドン(330円)(とても美味しかった)、たまに握り寿司(480円)を食べていたことを思い出します。
 
4. Buta (pork) kimchi gohan (rice)
4. 豚キムチご飯 
5. Chicken with cheese and tomato??
5. チキン、チーズとトマト?? 
You can see part of the melon pan that my daughter mentioned earlier at the upper left of the photo.
写真の左上に、娘が前に話してくれたメロンパンの一部が見えます。

April 19, 2018

Mixing Miso and Sake Kasu (Lees) Together for Longevity/長寿のため味噌と酒粕を混ぜる

One of the drawbacks of Japanese cuisine is that many dishes turn out quite salty because of the heavy use of salt, soy sauce, and miso. In addition, for every Japanese meal, soup, often miso soup, is not optional but required. If you follow the Japanese eating custom for every meal of the day, you will consume a considerable amount of salt.
One way to reduce the intake of salt is to cut back on the amount of miso added to your miso soup. To do so, you can mix miso and sake kasu together in advance, like I did yesterday.
和食の欠点の一つは、塩、しょう油、味噌を多用するので、塩辛くなる料理が多くなるということです。その上、和食では、汁(多くの場合、味噌汁)は省略可ではなく、必須です。一日の食事すべてで日本の食習慣に従うと、かなりの量の塩を摂取することになります。
塩の摂取量を減らす一つの方法は、味噌汁に入れる味噌の量を減らすことです。そのためには、私が昨日やったように、味噌と酒粕を事前に混ぜておいてもいいです。
 
500 g miso (home-made miso, made by my father)
500 g sake kasu
味噌(父が作った手作り味噌) 500 g
酒粕 500 g
 
If sake kasu is fridge-cold, leave it at room temperature for some time to soften.
酒粕が冷蔵庫に入れておいて冷たい場合は、しばらく室温に置いておき、柔らかくします。
 

Adding some sake lees to miso soup, thereby reducing the amount of miso added is not my idea. This has been practiced for decades in Nagano prefecture, which now has Japan's highest longevity rate.
味噌汁に酒粕を入れることで、加える味噌の量を減らすというのは、私のアイディアではなく、長野県で何十年も行われてきたことです。長野県は、今では日本で一番の長寿県になっています。

Related stories:
関連記事:

April 14, 2018

School Canteen at My Daughter's University of Fine Arts/娘の美術大学の学生食堂

My daughter is now a student at a university of fine arts in the Kanto area. She recently sent me these photos.
娘は現在、関東圏の美術大学の学生です。最近、次のような写真を送って来ました。
 
1 Fried chicken & curry
1 フライドチキンカレー

2 Keema curry and small bowl of salad
2キーマカレー、サラダ小鉢
3 Sandwich
3サンドイッチ
4 Salt-grilled saba (mackerel) (half eaten)  
4鯖の塩焼き(食べかけ)


She added, "The melon pan at *** (university name) is super delicious!! It has plenty of cookie (on top) and has a mocchi mocchi (= mochi mochi) texture inside (meaning a sticky texture in a good way), and it has been the best melon pan I have ever had!
それから、「***のメロンパンすっごーーくおいしいんだよ!!クッキーがたっぷりついてて中はもっちもっちで今まで食べたメロンパンで一番おいしかったのよー!」だそうです。

For those of you who are wondering what melon pan is, here is a link to https://en.wikipedia.org/wiki/Melonpan.

Results of Google image search for melon pan in Japanese

Note: This particular university has one school canteen on one campus and one cafeteria and one school canteen on another campus. In Japanese, "school canteen" (gakusei shokudo) is slightly different from "cafeteria", the former being less chic than the latter.
注: この大学では、1つのキャンパスに学生食堂が1つあり、別のキャンパスには学生食堂が1つ、カフェテリアが1つあります。日本語では、「学生食堂」は「カフェテリア」とは少し異なり、後者のほうが前者よりおしゃれです。


April 9, 2018

Bounty of the Sea and Bounty of the Mountains/海の幸、山の幸

I am currently living in my parents' house to support them, which happens to be at the heart of the Boso Peninsula. Yesterday, I got a yama no sachi (lit. happiness of the mountains; bounty of the mountains) from a neighbor, moso bamboo, as well as an umi no sachi (lit. happiness of the sea; bounty of the sea) from another neighbor, wakame seaweed.
現在、両親をサポートするため両親の実家に住んでいますが、実家は房総半島の真ん中にあります。昨日は、近所の人から山の幸、孟宗竹(もうそうちく)を頂き、 別の人から海の幸、若布(わかめ、ワカメ)を頂きました。
 
A common way to prepare a bamboo shoot is to boil it in a pot of water plus some rice bran or "kome no togi jiru" (milky water resulting from washing white rice before cooking). Unfortunately, I had no rice bran in the kithen, and I had no kome no togi jiru because I had planned to eat leftover rice the next morning. So, I tried preparing these bamboo shoots with plain tap water. The neighbor suggested boiling them for an hour or so, but I shortened the cooking time to about 30 minutes or so.
This morning, I tasted the bamboo shoots and found they were very tasty!
筍(竹の子、たけのこ、タケノコ)を下ごしらえする一般的な方法は、水に米ぬかを少し入れて、または米のとぎ汁で煮ることですが、残念ながら、家には米ぬかはなく、また、翌朝は残りごはんを食べる予定だったので、米のとぎ汁もありませんでした。そこで、ただの水道水で下ごしらえしてみました。筍を下さった方から、1時間程度煮るよう言われましたが、30分程度に短縮しました。
今朝、筍を味見すると、とても美味しかったです!
 
I had to use one very large pot and another large pot.
極大の鍋一つと大きな鍋一つ使いました。
After boiled:
茹でた後:
Wakame seaweed:
若布: 
Still brown.
まだ茶色です。
 
Preparing wakame is simple. Rinse and put in a pot of boiling water. It changes its color to vivid green in an instant. Drain and cool with tap water.
若布の下ごしらえは簡単です。洗って、沸騰したお湯に入れます。一瞬で鮮やかな緑色に変わります。お湯を切り、水道水で冷やします。 
Shown on the right in the photo above are hard stems of the wakame.
上の写真の右側に見えるのは、若布の硬い茎です。 
 
***
My mother died of cerebral infarction at the age of 84 on March 7. Nothing makes you sadder than to lose your beloved mom.
3月7日、母が脳梗塞で亡くなりました。84歳でした。愛する母を失うことほど悲しいことはありません。